自習室リニューアル計画進行中!

教務スタッフ
09 /28 2020
こんにちは!
教務の原です☻
まだ暑さは残っているものの、過ごしやすい季節になりましたね。気候が良いと集中力も高まる気がします。

さて、この度ワークショップ の個別ブース式自習室がリニューアルすることになりました✨👏✨
※ワークショップ には個別ブース式の自習室があり、集中して学習に取り組むことができます。(もちろん開放的な教室でも自習できますよ👍)

今回リニューアル計画第一弾として、レイアウトを変更しました!
チューターの藤本さんと若山さんが、閉館後に重たい机を移動して作業してくれました(^O^)
IMG-2817.jpg

★レイアウト変更後★
IMG-2815.jpg

より使いやすく、より快適に学習してもらえる環境にリニューアルしていきます!
最終的にどのような自習室に生まれ変わるのか?!
完成しましたらまたこちらのブログでご紹介しますので、ぜひお楽しみに(*^^*)

スポンサーサイト



2学期講座開講します!

教務スタッフ
08 /28 2020
みなさんこんにちは!
教務の原です♪

まだまだ暑い日が続きますが、8月もあと数日、夏期講習も残すところあとわずかとなりました。
高3生はワークショップ夏の最大イベント「夏の総決算テスト」を今週末に控え、さらに集中して学習に取り組んでいます。

さて、9月からワークショップは2学期講座が開講します!
『そろそろ塾に通って受験対策をしていきたい‥』という1・2年生の方はもちろん、3年生もまだ間に合います!
2学期開講に向けた体験講座やイベントをご用意しておりますので、ぜひこの機会にご参加ください♪


成川博康先生による英語体験講座
対象:高1~3生
<内容>
定員5名のスペシャル講座!模試の成績表などをお持ちいただき、一人ひとりに学習アドバイスも実施いたします。

英語赤本活用ガイダンス
対象:高3生
<内容>
全受験生必須学習である英語の赤本(各大学の過去問)をどう利用すべきかを具体的に講義します。これから赤本を始める高3生必見です!

ENGLISH BOOSTER 出版記念イベント
対象:高1~3生
<内容>
ENGLISH BOOSTERの出版を記念した、河合塾の早川勝己先生をゲストにお招きしたスペシャルイベント!

推薦・AO入試対策講座
対象:高1~3生
<内容>
推薦入試やAO入試など、『受験したいけど、具体的にどう対策したらよいか分からない・・』そんな皆さんのために、面接で重要なことや、志望理由書・小論文の書き方のポイントなどを、この機会にばっちりレクチャーいたします!

共通テスト攻略講座~共通テストまであと5カ月!~
対象:高3生
<内容>
今年度から始まる共通テストの問題にどのように対処すれがいいのか、各科目(英語、現代文、古文、漢文、数学ⅠAⅡB)のプロ講師が伝授いたします!

日本史主要文化史~2日間完結!~
対象:高3生
<内容>
2日間完結で、宗教史・学問思想史・教育史を6時間使ってみっちり解説いたします!文化史が苦手な生徒さんも大歓迎です!

イベントのみのご参加も大歓迎です♪
お気軽にお問合せください(^^)/

成川先生から2月17日実施イベントの解説が届きました★

教務スタッフ
02 /18 2018

みなさんこんにちは♪職員の渡邉ですヾ(o´∀`o)ノ
ワークショップでは昨日「早慶上智GMARCHの英文法」イベントが実施されました☆彡
イベントの中でも告知があった通り、昨日のイベントチラシに掲載があった問題の解答が成川先生より到着しましたのでお知らせいたします(=゚ω゚)ノ
また、一番下に成川先生より皆さんへメッセージがございます♪ぜひご確認お願いいたします!!(。>ω<。)ノ


(1)早稲田大・社学
「新たに独立した合衆国の13州の代表団は、1787年5月の憲法会議にやって来たが、9月になって初めて合意でき、署名できる文書を策定した」」
①はnot untilと否定語句が文頭にあるため疑問型の倒置となるため正しい。③のagree on Aは「Aに合意」するという意味で問題なく、onの後ろの名詞(=A)は先行詞a written documentとなっている。④のsign their namesは③のagree onと並列になっているが、sign their names on(in) a written documentが前提となる表現。よって、on(in)は省略することができない。本問ではa written document (which) they could…のように関係代名詞(目的格)の省略を見抜くのは比較的容易だが、後続する文は名詞が1つ欠けた不完全な文になる点を忘れてはいけない。
【解答】④

(2)立教大・2月12日実施
「建てるのが容易だったことと木材の入手が比較的容易だったことから、丸太小屋は、アメリカの初期の入植者の一般的な住居だった」
②の関係代名詞whichに後続する文は不完全な文となるが、it was able to be constructedは完全な文となっている。「それが容易に建てられた」はit was able to be constructed with easeが前提となる文なので、②をwith whichとしなければならない。なお、〈前置詞+関係代名詞〉に後続する文は完全な文となる点に注意。
【解答】②

<成川先生よりみなさんへメッセージ♪>
今回のイベントお疲れ様でした。早慶上智の問題とGMARCHの問題比較を中心に講義しました。上記はチラシにあった問題の簡単な解説ですが、どちらも〈関係代名詞の省略〉がテーマとなっています。おそらく、早稲田大学の方が難易度が高いと感じたはずです。ネタは同じなのになぜそう思えるのか?本日アドバイスしたことを参考に各自分析してみてくださいね。
そうそう、本日参加してくれた皆さんが本当に熱心で、とても嬉しく思ったことも付け加えておきます。


成川先生は次週22日(木)深めて解ける!英文法~前置詞編~イベントの実施もございます☆彡
ぜひまた、ワークショップにお気軽にお越しくださいね♪

昨日labαが実施されました!

教務スタッフ
04 /23 2017
昨日初回授業のlabαが実施されました!
朝倉先生によって行われたlabαでしたが、かなりの大盛況でした!!
生徒さん方も「なるほど!知らなかった~!」と新たな発見が多い講座だったようで有意義な時間を過ごしていただくことが出来たと思います!

次週はlabβが鈴木先生によって実施されます!(*^▽^*)
4/29(土)の実施ですが、0秒トレーニングというものをやっていきます!
4/29を受講される生徒さんは必ず以下の動画に目を通しておいてください☆彡

https://youtu.be/IGZ_HWEBY-U

また、labαを見逃してしまったけど、labβからでも授業体験してみたいな!という方大歓迎です☆彡
ぜひThe★WorkShopの窓口にお越しください(^^)/お待ちしております!!!

ワークショップ☆成川博康先生による高校出張講演 実施しました @赤羽

教務スタッフ
12 /15 2016
こんにちは♪(/・ω・)/ ♪
教務スタッフの石井です
今日から年賀状の投函が始まりましたね
年末も近づいている今日この頃ですが、先日、ワークショップ英語科の成川博康先生が、
とある私立高校に出向き、出張授業を行いました

授業後に生徒さんの感想を聞いてみたところ…
「いつもは永遠と思う90分もあっという間だった」
「私の中の塾のイメージがかなり変わりました」

などなど、嬉しい感想がたくさん寄せられましたヾ(o´∀`o)ノ

このブログを見てくれているみなさんも、ワークショップの授業を実際に無料体験してみませんか??
きっとあなたの中の何かが変わるはず

お問い合わせはこちらへどうぞ↓♪(o・ω・)ノ
03-5963-6340


theworkshopprep

大学受験予備校
The☆WorkShopです。
JR赤羽駅西口から徒歩2分。
最強の講師陣が導く大学現役合格。
随時、無料体験受付中。
http://workshop-prep.com/