夏バテ

チューター
07 /11 2013
こんばんは!チューター落合です(^^)

最近は東京も35℃と猛暑が続いています!
受験生の皆さんに暑い夏を元気に乗り越えてもらうためにも、今回は夏バテ予防についてお話したいと思います☆


まずは
「夏バテ」とは…身体が暑さに対応しきれず、体温調節機能が働かなくなることで食欲がなくなったり、体調がすぐれないなどの身体に不調が現れる症状をいいます!

受験生の皆さんは涼しい教室と外の暑い気温の変化になんだか疲れを感じることはありませんか!?
夏バテをしてしまうと勉強どころか、日常生活動作が億劫になって疲れやすくなってしまいます。


そこで簡単に夏バテの予防策をご紹介します☆


①規則正しい生活を!!
 1日3回、規則正しく、よくかんで食べる、夜遅くまで飲食しない、充分な睡眠をとる、適度な運動をする、な どの注意が必要です。夜遅くまで勉強するよりも、早めに寝て朝起きる習慣をつけましょう!冷房の効きすぎにも注意してください!

②うなぎや豚肉など、ビタミンB1を摂る 夏場は、さっぱりした食べ物を好み、甘い清涼飲料水をよく飲むので、脂肪が少なく糖質の多い食生活になりがちです。脂肪や糖質をエネルギーにかえるには、ビタミンB1が必要です。
 ビタミンB1が不足すると、疲労感や脱力感が生じ、また胃腸の消化・吸収能力が低下し食欲が落ちるなど、夏バテ症状を悪化させてしまう原因になります。ビタミンB1は、うなぎや豚肉、レバーなどに多く含まれています。
 
③緑黄色野菜を摂る
 夏の緑黄色野菜は、カロチン、ビタミンB1、B2、Cや、鉄、カルシウム、カリウムなどのミネラルが多く含まれています。コンビニでご飯を買う時には、ちょっと意識してみて下さい!

④水分、ミネラル不足に注意
 熱中症を防ぐためにも一日にだいたい1000―1500mlの水分摂取が必要です!涼しい部屋で汗をかかないからといって水分摂取を怠ってはいけません!水や麦茶スポーツドリンクをお勧めします!
また、急激に冷たいものをたくさん飲むことで、胃腸の働きが弱まり、食欲低下につながるので注意して下さい!


簡単な説明でしたが参考にしてみてください☆
では、暑い夏を元気に乗り越えましょう(^^)/

theworkshopprep

大学受験予備校
The☆WorkShopです。
JR赤羽駅西口から徒歩2分。
最強の講師陣が導く大学現役合格。
随時、無料体験受付中。
http://workshop-prep.com/