The☆WorkShop スタッフブログ

赤羽にある大学受験予備校 ザ☆ワークショップ

「色」

お久しぶりです!チューターの朝倉です。
今回は「色」に関するお話をしたいと思います。


色のイメージには肯定的否定的なものの二面性があります。
皆さんもイメージして下さい。「黄色」という色はあなたにとって、どんな色ですか?
「元気をくれる」「楽しい」などの肯定的なイメージを持つ人もいれば、
人によっては「子どもっぽい」「やかましい」などと否定的なイメージを抱くこともあるでしょう。

同じように人間の性格も二面性があります。
例えば「活発的である」という性格も、
肯定的であれば「明るい」、否定的であれば「落ち着きがない」と捉えられることがあります。


ここから考えると、「色」と「人間の性格」には大きな相互関係があるのです♪

典型的な例が戦隊シリーズです。
という色は「熱血」「負けず嫌い」「目立ちたがり」「慎重さに欠ける」といったイメージがあります。
みなさんの知っている赤レンジャーってこんなキャラクターであることが多くありませんか?
まさに相互関係を利用したキャラ設定だと思います。


他にも「色」には勉強に役立ちそうな影響も与えてくれるそうです。
は人間の副交感神経と呼ばれるリラックスに必要な神経を刺激してくれます。
したがって、試験のときなどには青を見ると、心が落ち着き、良い結果につながる傾向があるそうです。
日常学習でも暗記などには青ペンが有効とも言われています。

このように「色」には不思議な力が潜在しているみたいです。
一見、無関係なものがつながっているなんて不思議ですね!


最後に簡単な自己分析をしてみましょう。
本当はもっと様々な要素がありますが、簡単に色のイメージを載せておきます。
自分の好きな色を選び、まだ見ぬ自分と出会ってみてください。
以上、赤が大好きな熱血チューターでしたっ!


…活動的、情熱的、ドラマチック、派手、イライラしすぎる、飽き症
…落ち着き、誠実、ストイック、ルールにとらわれる、冷たい、自分が正しい
…フレンドリー、躍動的、期待感、マイペース、お調子者、周りが見えない
…おだやか、大人っぽい、現実志向、未熟、プレッシャーに弱い、自分を隠す
…ロマンチスト、優しさ、甘え上手、わがまま、意地悪、計算高い
…楽しい、リーダーシップ、社交性あり、見栄っ張り、がさつ、おせっかい
…個性的、ミステリアス、美意識、協調性がない、無関心、現実逃避
・白…正義感、寛容、上品、潔癖、融通がきかない、独りよがり
・黒…粘り強い、おしゃれ、カリスマ性、独立心、秘密主義、自分中心

スポンサーサイト