今年の受験生と来年以降の受験生に言いたいこと

塾長!石井里沙のつぶやき
03 /10 2019
みなさんこんにちは!
ワークショップ塾長の石井里沙です。

今日は東大・京大の合格発表日でしたね。
今日までに、いろいろな私立や国公立の発表も出ておりました。


<今年の受験生に言いたいこと>

今年は新しい入試時代への改革の年だったと思います。

不合格というとてもつらい結果を見ながら、最後まで受験しきった人も多かったのではないでしょうか。
去年までなら早慶に合格していた学力レベルの人も、
偏差値でいうと10ポイント程度低めの大学に入学することになった人も多いと思います。

これからは、大学名で何とかなる時代ではなくなります。
みなさん個人個人の個性が存分に発揮できる時代になります。
大学名ではなく、みなさん一人ひとりの生き方が評価されることになるので、
ここからが正念場でもあり、とてもワクワクする時間が待っています。

改革の年の初年度生であるみなさんは、これからの時代のまさにフロンティアです。
ぜひ大いに楽しんでください。
そして、後に続く人たちにその背中を見せてください。



<来年以降の受験生に言いたいこと>

今年の入試を一言で言うと、
「本当にその大学に合格するために必要な学力が身に付いている人だけが合格する」
という入試だったと思います。

さらに、2020年入試改革が始まると、国公立私立センター含めて入試方式がかなり複雑化していくでしょう。
それらを踏まえて、これからの入試は以下の2点がポイントになると思っています。

①○○大学に進学するというハッキリとした意思が自分にあること

これからは、なんとなく難関大(早慶上智とか)に進学しようかな、という
”今までのなんとなくの流れに乗る”という方法は通用しなくなると思います。
でもこれは悪変ではないです。
今までの流れがなくなるその代わりに、自分の意志をハッキリと示して良いのです。

「これがやりたいからあの大学にいく」
「この分野に興味があるからあの専門学校に行く」
「高校卒業したら起業してみたいから大学には行かない」
などなど。

皆さんが本当はやりたいと思っていたことがあれば、それをやるべき時代です。
もし自分が何をやりたいか分からないという人は、本気で自分と向き合わなければいけません。
今までは自分と向き合わなくても、周りが決めてくれた目標がありました。
しかし、これからはそうはいきません。

本気で自分と向き合い、自分の頭で考えましょう。
それがみなさんの幸せにつながります。


②行きたい大学に合格するために本当に必要な学力(学ぶ力・向き合い方)を身につける

これはあくまで私個人の意見ですが、
本当に必要な学力(学ぶ力・向き合い方)というものは何種類もあるものではなく、1つしかないと思います。
(○○大学用の勉強、△△大学用の勉強というものが存在しているのではない)

もっというと、教科ごとに勉強方法が違うということはなく、どの教科を勉強するにしても向き合い方は1つしかないと思います。

「その1つを身につけられたかどうか」

これが志望校合格に必要な絶対要素になると思っています。



ワークショップは、受験を終えた塾生全員のこれからの人生を心から応援しています。
また、これから受験する塾生全員と一緒に、この新しい時代を伴走していきます。

theworkshopprep

大学受験予備校
The☆WorkShopです。
JR赤羽駅西口から徒歩2分。
最強の講師陣が導く大学現役合格。
随時、無料体験受付中。
http://workshop-prep.com/