The☆WorkShop スタッフブログ

赤羽にある大学受験予備校 ザ☆ワークショップ

今年も残り10週間


3年チューターの中原です。ごぶさた。
1年生チューターの勢いあるチューター紹介が続いておりましたが、ここでちょっと一休みさせて下さい。

秋ということで、最近はもりもり美味しいものを食べ(これは年中ですね)、映画と本を消化し、よく寝ています。最近読んだ本で印象に残っているものを紹介します。

筒井康隆 『最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集』
41615DRXG1L__SL500_AA300_.jpg

筒井康隆の短編集です。いつも通りに過ごしていたはずなのに、ある日突然時間の流れが速くなってしまったら(朝ご飯を食べ終わったらすでに半日が過ぎていたり、ホームに着いた途端に出発してしまう電車などなど)私たちはどうなるか。禁煙社会が世に浸透し、喫煙者たちが迫害されるような世の中になったとき最後の1人となった喫煙者はどうするのか。頭を良くするために、付けるとIOが2倍になるという≪こぶ≫を背中に装着する人々が爆発的に増えたらどうなるのか…といった作品がSFちっくでユーモラス、かつ皮肉っぽく描かかれています。なんだかどれも現代社会にありえなさそうでありえる話なので面白い。

受験生のみなさんは忙しい時期だと思いますが、息抜きに10分だけでも読書をしてみたり、大学生になってから色々な本を読んでみることをおススメします。単に知識が増えるだけではなく、自分では経験できないことが読書を通じて擬似体験できるところが、読書のよい所ではないでしょうか(^-^)
あとは、どこかで読んだ知識が小論文で役立ったりもします。話のネタが多いと意外性のある小論文や、具体例を用いた論理的な小論文にぐっと近づけるので良いですよね!


昼夜の寒暖差も大きくなってきましたので、体調管理にはご注意を!
では。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます