The☆WorkShop スタッフブログ

赤羽にある大学受験予備校 ザ☆ワークショップ

自己紹介+雑談

こんにちは!
今年度、ブログでは「初めまして」の
チューター4年 平岩千明(ひらいわちあき)です^^

知らない人もいると思うので、自己紹介も兼ねて、ブログを書きます♪

私は、皆さんと同じThe☆WorkShopの卒業生で、
日本女子大学 理学部 数物科学科に通っていて、大学では物理を専攻しています。
(数学や情報を専攻するコースもあります。)
今年2月までチューターとしてお世話になっていましたが、
3月から6月くらいまで、就職活動のため、お休みをもらっていました。
今は大学で卒業研究に取り組みながら、学生最後の期間を楽しんでいます!

皆さんは大学の授業や勉強はどんなものなのか想像つきますか?
一例ではありますが、私の4年間の授業の雰囲気や流れをお伝えしたいと思います。

1年生:初めの1年は、ほぼ必修科目で時間割が自動的に決まっていて、
英語+数学+物理+情報+一般教養に関する科目を講義形式で学びました。
講義は高校のときと似ていますが、自分から学ぶ姿勢が無いと、授業にはついていけず、テストでも辛い思いをします(笑)
また、物理に関しては実験科目もあり、今まで見たこともない機器にたくさん触れることができました!

2年生:この年から必修科目が物理+情報のみになりました。一般教養科目もいくつかとりました。
講義形式の科目も実験科目もより専門的になり、特に実験科目は夜まで長引くこともありました・・・
個人的には、2年生が一番つまらなかったです(笑)

3年生:今までとの大きな違いは、週に1日、丸一日の時間を使って行われる実験科目があったことです。
一日中実験をすると聞くと大変なように思いますが、とんでもなく高額の最新機器に触れることができるし、
その日は他のことを考えず実験に集中することができたので、皆で楽しんで取り組んでいました!
もちろん講義形式の授業もありましたが、やはりこの年の科目が一番難しく、テストも大変でした。

4年生:3年生までで、必要な科目は全て取ったので、配属された研究室のゼミや卒業研究のみに取り組んでいます。
「ゼミ」は、講義形式の授業とは異なり、学生同士で発表・議論するのが主となります。
今まで学んだ知識+新たに学ぶ知識 をフル活用しながら研究を進めています!
就職活動は大変でしたが、今が4年間で一番楽しいです☆

以上が私の4年間の流れです!

夏休み期間は皆さん必死に勉強していると思いますが、モチベーションが下がってしまうこともあると思います。
そんなときは、希望の大学に通っている自分を想像してみてください。
パンフレットやホームページを見て、またはチューターに話を聞いてみてください。
きっと、「もっと頑張るぞ」という気持ちが湧いてくると思います。

このブログが皆さんが将来の自分を想像するときの手助けになるように願っています


スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます