The☆WorkShop スタッフブログ

赤羽にある大学受験予備校 ザ☆ワークショップ

深めて【仮定法】のイベントを行いました!

はじめまして!

今年からワークショップのチューターになりました、斉藤 央樹(さいとう ひろき)です!
浦和実業学園高校を卒業し、推薦入試で合格して
4月から電気通信大学情報理工学域の一年生になりました。
私の通っている大学は、今年創立100周年を迎える国立の理系単科大学です。
国立大学の中で唯一地名が無い大学名なので良く別の大学と勘違いされますが、
研究分野においてはとても有名な大学です。
研究者になりたいひとが多く集まるので、授業も専門的な内容です。
また実験をしてレポートを書いて評価される科目もあります。
レポートを書くのはかなり大変ですが、やりたい研究のために皆頑張っています。
理系で最先端の研究に触れてみたいと思う人はぜひ、ワークショップで私に声をかけて下さい!
また、推薦入試の経験談など、聞きたい人も是非気軽に相談に来て下さい(^∇^)ノ

皆さんの受験を精一杯サポートしていきたいと思うのでよろしくお願いします!!


さて、ここからは先日行われた深めて解ける!英文法のイベント、
【仮定法編】の振り返りをしたいと思います。

多くの受験生が丸暗記だと思っている所も多い英文法
その中でも特に疑問になってしまっている部分を、成川先生が非常に分かりやすく説明してくれるのが
深めて解ける!英文法の授業です。
今回は60分という短い時間の中で仮定法を扱いました!

この授業を受けた生徒さんから、とても嬉しい声を頂いたので紹介します♪

「仮定法には暗記をしなきゃいけない部分があって、暗記の苦手な私には辛い分野だったのですが、動詞の変化の理由づけなどがこの授業で分かって覚えやすくなりました。ありがとうございます!」(高3 女子生徒)


「学校の授業で疑問に思っていた部分が分かってスッキリしました。とても分かりやすかったです!」 (高2 女子生徒)


授業を受けてくれた皆さんが満足して下さいました。さすが成川先生です!

この記事を見て、ワークショップの授業に興味を持ったあなたに英文の読解法に関するイベントのお知らせです!!


6月17日(日)10:00~12:00
論理学に基づいた英語読解法 ―命題を使って解く―



タイトルを見て「え?英語なのになんで命題を使うの?」と思った方もいるかもしれません。
この講座はワークショップで開講中の「lab講座」の拡大イベントで、教科の枠を超えて数学英語がコラボしたイベントになります♪

「数学使わないんだけどなぁ…」
と思ったそこのアナタ!
仮に数学は受験で使わなくても論理的に考える力
は受験においても、今後の人生においてもとても 大切 です。
この授業は論理的な思考と英文読解の力を同時に付けられるとてもお得な授業となっています!!!
しかも参加費用は 無料 となっています!!
ちょっと興味がわいた人はぜひぜひ、申込して下さい!
ワークショップでお待ちしています(*^_^*)


イベントの詳細な情報が知りたい人はHPをご覧ください↓
http://workshop-prep-info.com/event/


お問い合わせはこちらから
☎03-5953-6340
お気軽にお電話ください(^o^)丿
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます