受験勉強と学校の勉強、どう両立する?

お知らせ
02 /17 2019


みなさんお久しぶりです!
チューター2年?次3年になる吉田です(゚∀゚)


この時期はウィンタースポーツのシーズンなので、
私は去年からハマったスノボができてとってもウキウキです




今回は私から、

これから受験生として本格的に受験勉強を始めていく(もうすでに始めていたら良いスタートダッシュ!)
みなさんが気になっているであろう、
①学校の勉強との両立

入試英語の基礎!
②英文法の勉強について

この2点をお話ししたいと思います。





あ、その前にワークショップに新しく入ってくれたみなさんもいるので少しだけ自己紹介しますね!笑

はじめまして、吉田奈央と申します(。-_-。)

今は上智大学総合グローバル学科に通っています。
受験期得意だったのは圧倒的に日本史と古文です笑

上智の入試は片っ端から受けまくったのと、
国際系?の学部とか、気になる人がいたら力になれるかもしれません

あとはTEAP入試とかに詳しいのでなんでも聞いて下さいね






ではでは本題に入りましょう!まずはは1つめ!

①受験勉強と学校の勉強の両立

チューターをやっていると毎年どの時期でも生徒から飛び出すのが、
「学校の勉強もやった方が良いですか?」
という質問です。

結論から言います。
そんなの当たり前です!!


「学校の勉強もやった方がいい」というよりは,
受験勉強をするのあたって必要な基礎ができていれば学校のテストだって出来ます!
というか出来なきゃダメ!!



学校で毎日のように行われる単語テスト・確認小テスト…。
やりたい勉強があるのに!という気持ちもよーく分かります。
でもだんだんと受験本番が近付いてくると、あのときやっておいてよかったなと心から思うんです。

英語長文や志望校の赤本をやるためにはまず知識がないと何もできません。
難しい問題をやっている人が偉いわけでも絶対に受かるわけでもないです。



心に手をあてて、学校の勉強を疎かにしているな、と感じた人。
まだ遅くありません!
今日から学校のテストも受験勉強だと思って頑張りましょうヽ(´∀`)ノ




はい!次は2つめです!
②英文法の勉強について


先ほど「基礎は大事」と言いましたがもう一度言います。
基礎はものすごく大事です。笑

じゃあその基礎、どうやって固めていけばいいんでしょうか?
今回は英語の基礎、英文法にスポットライトを当ててゆきます!


わが予備校、ワークショップには夏の英語1000題テストというものが存在します。
ここでいかに高得点を取れるかが、
英文法が固まったかどうかの判断基準の大きな一つになります。



この1000題テスト、
ワークショップで使っている英文法の問題集、「深めて解ける!英文法OUTPUT」(成川先生著!)から出題されるのですが、
私はこの問題集、12~15週ほどしました!笑

分厚いこの問題集を繰り返し繰り返しやることで、本当に英文法が固まっていきます。


これによって私の英文法の力はメキメキ上がりました!


始めるのが早ければ早いほど良いです!

でももちろん、回数をこなすだけで良いわけではありません。
どのように勉強を進めていくか、ワークショップの先生に聞いちゃいましょう!


せっかくワークショップに入って良いスタートダッシュを切ったそこのあなた!
今からOUTPUTを始めましょう!今すぐに!





まだワークショップに入っていないそこのあなた!
英文法固まってない…と不安になったそこのあなた!

チャンスです、ラッキーです!まずはワークショップに体験に来てみてくださいv(o゚∀゚o)v


お電話はお気軽に!お待ちしています♪
☎03-5963-6340



高3生は私大入試真っただ中!国立入試もこれから。
最後の最後まで応援してます!!
頑張ろううう!!(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

theworkshopprep

大学受験予備校
The☆WorkShopです。
JR赤羽駅西口から徒歩2分。
最強の講師陣が導く大学現役合格。
随時、無料体験受付中。
http://workshop-prep.com/