模試を受けたあとの復習法について!

チューター
02 /21 2019
お久しぶりです!
チューター1年、次期2年の斉藤です(=゚ω゚)ノ


今回は、これから受験生になる新高2・高3生に模試の話をしたいと思います。

と、その前に。新しくワークショップに入ってきてくれた子のために、
私からもちょこっと自己紹介しますね。
はじめまして。 斉藤 央樹と申します。
電気通信大学と言う国立大学の、情報理工学域3類電気電子プログラムに所属しています。(長くてごめんね!)
国立理系で、英語が結構得意科目でした。しかし、数学はあんまり得意じゃなかったんですが、
ワークショップで成績を上がることが出来ました。
今の大学は推薦で受かっているので、国立の普通の入試の事や推薦のことなど、
分かる範囲ですが力になりたいと思っています。
気軽に話しかけて下さい、よろしくね!!

さて、いよいよ本題です。
学年が上がると、これからどんどん模試を受ける機会が増えていきます。

高3になったら月に1回は必ずあるぐらい、模試を受けることになると思います。

模試は、近年の大学の入試問題の傾向も鑑みながら受験生に必要なスキルを全て問われるものです。
それだけではなく、全国の受験生が同じ問題を解くので今の自分の位置を図ることも出来るホントに重要なものです。

しかし、そんな模試の問題を皆さん、復習できていますか?

「受けたら受けっぱなし」では、模試を受ける意味はほぼ無いに等しいですよ!
しっかり復習するようにしましょう!

では、どのように復習したらいいのか?と言う疑問を持つ皆さんは、まず成績表をよ~くチェックしましょう‼
そこには必ず、大問ごとの平均点とそれに対する自分の成績が表示されています。
復習ポイント① 自分が平均点より点数を取れていない範囲を復習しましょう‼。
受験においては得意なことを伸ばすより不得意な所を減らすことの方が得点が伸びやすいんです。
模試の成績は全体的な平均に対して、自分が何が出来ていないかを一目見て理解することが出来るようになっています。それを使わない手は無いです。

復習ポイント② 自分の答案をチェックし、ケアレスミスを見つける事。
例えば、数学なら計算間違え等あるかと思いますが、それらは全て自分のミスしやすい所として、
メモを取ってケアレスミスを無くしていくことがとても大事です。
これ以外にも、模試を活用する方法はいっぱいあるので、
更に詳しいことはぜひ直接聞きに来て下さい!
受付で待っています‼



高3生へ
国立前期受験がいよいよ本番に迫ってきました。この1年間ホントに頑張ってきた君たちなら、絶対に行ける!
ワークショップの全員がそう信じています!ぜひ、自信を持って!!
今までの努力を、テストにぶつけて来てください!
ガンバれぇぇぇぇぇぇ!!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

theworkshopprep

大学受験予備校
The☆WorkShopです。
JR赤羽駅西口から徒歩2分。
最強の講師陣が導く大学現役合格。
随時、無料体験受付中。
http://workshop-prep.com/